読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年ありがとう◎〜ご挨拶〜

年末にはいつもその年を振り返るのだけど2016年という時間は私にとってこれからの人生の中でもきっと忘れれないであろう、かけがえないスペシャル過ぎる時間になりました。

 

 

激動。大変身。超進化。転じてそれは「素の自分にどんどん戻る」という感覚。そしてその結果、私のカラダは直感がことごとく冴え渡るようになり、しまいにはおそらくこの「3次元の存在ではないモノ」と出会うことも出来るようになりました。同じような感覚を持つ人達に「それ守護霊さまだねー」「あ、それ妖精ですよ!」と、見た当時のふんわりしたイメージを伝えただけで言い当てられるからやっぱりそうなんだと思う。

 

 

リアル世界では、強く美しく言い訳せずに前を向いて歩いていくたくさんの女性の友達やお手本としたい方々が増えた。リアルな出会いを成せた人もいるしSNS内だけの繋がりもある。ただどちらともが今までの人間関係の中では考えられないほどクリアなのはきっと私自身がクリアになったからだろうな。

 

 

今年1年を表すなら「進」「醒」「煌」

たくさんの素敵な人と出会い

たくさんの素敵なモノと出会い

たくさんの素敵な私と出会った。

少し長くなりそうだけど今出し切れる全ての感謝と愛を込めて「私の2016」を書き綴ります。

 

 

私はただの生き証人。

そして同時に

私は皆さんにとってメッセージ。

私は皆さんにとってギフト。

これを読んだ方がかすかな光を見出して私を助けてくれたものに触れたり、私を助けてくれた方法を試して1人でも笑顔が増えますようにと願うばかりです。

f:id:moku3004:20161231110927j:image

私の名前は杢 幸世(モク サチヨ)。戸籍上は山本幸世。

「幸せな世界」と書いて「幸世」

SL3004/杢3004という名義で歌ったり音を紡いだりする中、現実社会におけるたくさんの壁(仕事や結婚、出産、自分の道、お金and so on)にいよいよ2016年顔面からぶつかった。

全てから逃げたくて/でも逃げるエネルギーさえなくて/毎日食事もろくに摂らずコーヒーと煙草だけで廃人のように過ごしてた日々。

 

 

2016年5月に大好きだった祖父が急逝して、彼の家の片付けの帰り道、不思議な体験(今思えば体外離脱みたいなもの)を経験して思い出したこと。

 

 

「ああ、そうだ。

ここは、Brain Fantasy。

ただのゲームで

ただのドラマで

ただの映画だった。」

 

 

ゲームだから自由だ!と傲慢に振れた時期もあった。傲慢や過信にメーターが振り切り、また現実世界と揉め、自己否定やネガティヴに逆戻り。でもそこからまた自分を掘って気付いて光を得て、まさに「光と闇を繰り返しながら」螺旋階段を上り続けてきた私は今、こんなにただ【心底から誰かの笑顔を望む】ようになっています。人生何が起こるか本当にわからないね笑。

 

 

そしてたくさん思い出した幼い頃の記憶。

花やモノと話し、ただただ周りの人間が笑顔でいてくれることが幸せだった頃。

成長するにつれ現実社会の摩擦の中、忘れ/捨てていった感覚の多くを取り戻した2016年。

 

 

そして2017は1の年。スタートの年。 

新しいこのカラダで私が行けるのはきっと夢の世界でしょう。

ちゃんと見ててくださいませね。

きっと受け取ってくださいませね。

それぞれのペースやそれぞれの道があるから「付いてきて」とは私は言わないし、誰かに合わせて歩みを遅めることもしません。

ただ、心から信じているのは

 

 

きっと

付いてきてくれる人は

歩んでくれる人は

自分のそれを成してくれて、そしてまた何度でも出会い直せるということ。

お互いに進化し続けて何度も何度も「またね!」と「おかえり」を積み重ねられるということ。

 

 

ふと心折れそうになった時に今年私を助けてくれた色々、そして私のことを思い出してくださいね。