さてと、映画を演ろう。

人生はどこまでもドラマチックで

人生はどこまでもロマンチックだ。

 

 

「生まれる前の私達は、この地球に来る前に自分でなんとなくこんなことやろうって青写真を描いてるの。」なんて言葉はとても使命や運命なんて言葉を考えさせてくれるけど、結局のところは「どんなドラマの主人公やろっかな!」でしかないんだと思う。

 

 

ラブストーリー?

サクセスストーリー?

壮大な人類を救うスペクタクルもいいし、今となっては魔法を使うあなたポッターみたいなのも十二分にあり得ると思える。

ただひとつ言えるのは私達の映画は「ああ!これドラマか!」って気付いた瞬間に体感できると思うけど「もう!なんでこんないちいち無理ゲーみたいな、ややこしい遠回りさせるねん!ドラマチックやけれども!」と思わせてくれる笑

 

 

そりゃ映画だもん。

「どーせやる1度だけの主人公なら思いっきり面白くなきゃね!」と生まれる前の私達は出来るだけドラマチックにかつロマンチックにストーリーを描いてる。演ってる側からしたら「私ドSか!」なんだけど笑

 

 

でも私達は描いた映画のシナリオを詳しくは忘れてる。

だけど段々カラダが覚えてるってことを感じ出す。それは「とりあえずエンディングは笑って感動して涙もので終わるハッピーエンドだ」ってこと。

そこに向かうストーリーは選べると言っていいし/もはや既に選ばされているといっても、結果からしたら同じね。

ただ時々困難に陥った時「はて、これが私の映画ならどう動けばよりドラマチックかつロマンチックで私は笑えて、これを描いたシナリオライターである私も見ている私も喜ぶのか?」を見つめると「ストーリーとしてはこっちのほうがきっと面白いな!」がわかるはず。

まあわからない人は「決める」でもいいかな。

 

 

何選んでもエンディングは決まってます。

最後は暗転。そしてエンディングテーマ。

出会った人達の名前が延々とエンドロールに流れて、それを見ている生まれる前か/天の国か/それこそパラレルワールドかはわからずとも、どこかの誰かが大泣きなわけ笑

「良かったよ〜良かったわ〜泣けたわ〜!感動だわ〜!」って笑

「主人公が旦那とモメるシーン!あれ、私もあるあるだわ〜でもあの時の主人公の決断が良かったよね〜」とか

「主人公が仕事スパッとやめてさ、なんだかんだ言いつつヒロインと出会ってそこから自分達でやりたい仕事していくの、いいよね〜!」とか言いながらお茶すんの笑

 

 

まるで私達自身が「映画を見た後」と一緒でね笑

 

 

だから、映画だから

ちゃんと、最後には笑えるから

ドラマチックでロマンチックなストーリーを思いっきり楽しめばいい。

すごく辛くて痛くてもこれ映画だから笑

そして映画にはいつもほら、主人公を助けてくれるヒトや本やアイテムがあるでしょう。

それらは私達の現実にも「これでもか!」と転がってる。

そこからあなたが「あ」と思ったものがまさにストーリー中には欠かせないアイテムとなり主人公は変わっていくんだよね。

 

 

最後は笑える。大丈夫。

時にダークな感情に押し潰されそうになる。

時にダークな現実に押し潰されそうになる。

それでもやっぱり大丈夫。

エンディングは決まってるから。

それは暗転からの「素敵なストーリーだったな」ってこと。

f:id:moku3004:20161223202722j:image

(私の友人でとんでもないストーリーをやってるのが彼女:ゆうかちゃん笑。この子の映画はラストもうどうなるのかたのしみすぎます笑。ハチャメチャ&ドタバタストーリー過ぎる笑。でも本人はここが映画だってわかってるから楽しんでる笑)

感覚が鋭くなると

「あ、これアイテムか」も

「あ、これメッセージか」もわかるようになる。

 

時に予想もしていないことで「ストーリーどこ向かわすねん!笑」とシナリオライターだった自分に突っ込みたくなるけど、どうせ僕らのことだから「とんでもなくドラマチックでロマンチックな、一見無理ゲーなストーリー」を描いてくれてる。

 

 

ストーリーは思い出すだけ。

でもそれは三次元の他者から見たら「そう動けばそうなることは考えられる予測内」に見えるだろうけど本人からしたら「あのタイミングであれ選ぶの勇気いったわー!でもうまくいって良かったわー!」なんだよね。

 

 

何があっても大丈夫。

だって全てはシナリオ:私/主人公:私の映画。

自作自演だから自分への信頼が高くなればなるほど根拠なく「まー大丈夫なんだよね。知ってる笑」になる。

だからこそ今ここで「映画ならこっちを選んでこうやったほうがドラマチック」と道を変更出来る。

そして重ねるようにその「道変更」を

・ストーリーは変えられる

と表現しても

・変えられたというストーリーさえ決められていた

と表現しても同じことなのね。

f:id:moku3004:20161223203338j:image

明日はいよいよクリスマス。

どうぞ素敵なクリスマスシーンを演ってくださいね◎

楽しいのも

切ないのも

全部

エンディングへの感動を煽る演出。

 

 

何があっても大丈夫◎