音楽はあなたに別に必要ない

杢です!いかがお過ごしですか?今日は新譜についての記事を書く前に私に突然降ってきた衝撃的なメッセージについて書きます。それは

 

 

 

「私の音楽は誰にも別に必要ない」

 

 

というもの。

 

 

 

 

(°_°)

 

 

 

 

数日前、突然降ってきたこのメッセージ。「え、そんな悲しいこと...そりゃ必要ない人もいるかもしれんけど、必要って言ってくれる人だって...っ涙」と一瞬すっごく悲しくなったんだけど、メッセージはそこで終わりじゃなくて。

 

 

音楽を通して例えば「誰かの何かになればいいな」という想いを連れて歩いてきたけど(誰かの「役に立ちたい」ではなくね。それは前記事参照)そうではない。私の音楽など本当の本当は誰にも別に必要なものではないんだ、ということがわかったのです。

 

 

 

 

そう、私の音楽は誰にも別に必要ない。

 

 

 

 

そう、私の音楽はあなたには別に必要ない。

そう、私の音楽は誰かには別に必要ない。

そう、私の音楽は

 

 

 

 

私の音楽は誰より1番、ただただ私自身にとって必要なんだとわかったんです。

 

 

 

 

(°_°)‼︎

  

  

 

 

 はぁ。そっかぁ。

音楽が必要だったのは誰かじゃなくて

私だったんだぁ。

 

 

(´;_;`)

 

 

音を紡ぐことも

言葉を紡ぐことも

「どうせ作るなら誰かの何かになればいいな」「誰かの癒し/誰かの安らぎ、刺激や感動に、作用が与えられたら/化学反応が起きれば嬉しいな」と思わないことはないんだけれども、ただ、本当の本当の奥底では「音楽が必要なのは私」でしかないわけです。

 

 

これはつまり

音楽も絵も写真もダンスもあらゆる制作活動はきっと多分誰よりその発信者自身にこそ必要なんじゃないかな。お客様は何を求めてるのかな/お客様は何が欲しいのかなという視点より以前に、もっとこんなに堂々と作り手や発信者の中に寝そべっているものなんだ。

 

 

当然顔で大きく幅を取り、自分の中に寝そべっているがあまりにそれはただの地面だと思っていたけれど、それは地面ではなく「私の音楽が/制作活動が/商品が/誰よりも必要なのは私自身よ」というトトロのような大きな生き物。

 

 

「目の前に広がり過ぎていて、あるなんて思っていなかった景色の一部は本当は有限的にカタチのあるような意識的なものだった」そんな感覚なんです。

 

 

これね、自主的に頭の中に置いておくのとおかないのじゃ、作るのも/紹介するのも/そして誰かの手に渡った時にも、自分の中の温度が全然違う。他者の目に止まり他者に必要とされるのは結果論でしかない。それより何より【自分にとって必要なんだ】を抱き締めると作る時の楽しさは増え、ものすごく自由に軽やかになるんだと思います。

f:id:moku3004:20161025172531j:image

まずはfor me。

音で遊ぶ。

言葉で遊ぶ。

絵で遊び、写真で遊び、ダンスで遊ぶ。

何より自分のために紡ぐ。

何より今、自分のために、自分を満たす。

 

 

もっと厳密に掘れば「誰かのために紡ぎたい」すら自分のためでしかないんだけど(=人間機械論)それをわかっているのとわかっていないのもまた違う。

 

 

あの人のために音を紡ぐの。

あの人の音楽を作るの。

あの人のこと大好き。

あの人笑ってくれたらいいな。喜んでくれたらいいな。

だから楽しい。嬉しい。

あの人のこと考えながらあの人の音楽を紡ぐ。

楽しいな、嬉しいな。

 

 

と同じベクトルで

 

 

私のために音を紡ぐの。
私の音楽を作るの。
私のこと大好き。
私笑ってくれたらいいな。喜んでくれたらいいな。
だから楽しい。嬉しい。
私のこと考えながら私の音楽を紡ぐ。
楽しいな、嬉しいな。

 

 

そう、私達はきっとそれぞれあらゆる場面で「私」を「私」として捉えてるから外界にばかり目が行きがちだけど「私」を「杢 幸世という大好きな人」と名付けて分離させて見つめると「ああ、大好きな幸世のために彼女の歌を作ろう」が当然過ぎるスタートであり、当然過ぎるゴールであることがぎゅうっと彼女のカラダを抱き締め/そして同時に彼女である私も抱き締められるのです。

 

 

遊んで作ってる最中楽しい。

楽しんで作ってるから出来ても楽しい。嬉しい。

古い角質のようにこびりついていた不要なモノはまだまだポロポロと剥がれ、自分の新陳代謝の加速を促してくれますね。

 

 

その点で言うなら11/10に発表する新譜は私が遊んで作れたもの。歌モノ作るのがしんどくなってインスト作ろうと思って紡いだ作品。ああ、次に出せるのがこれでよかったなー。次記事で詳細書きますね◎

f:id:moku3004:20161025172630j:image

(1:fille femme/2:薬轟418)

 

 

今日も読んでくれてありがとう◎

 

 

「あなた」は「あなた」なんだけど「◎◎という名前の大好きな人」「◎◎という名前のこれからずっと一緒に生きていく人」と名付けなおせたら少し色んなことに優しくなれると思います。

 

 

あなたの大好きな◎◎さんによろしくね。