ライブチケット¥5000~私は上カルビになりたい〜

「私って暑苦しいなぁ」と昔感じていたことを最近思い出した。でもそれは「エネルギーがたぎってるからだ!」ということにしとく。でも熱くなりすぎて受け取るみんなが火傷しちゃいけないからクールダウンしながら書くね。読んでるあなたが火傷しそうになったら私に水かけてね。ぷしゃー

 

 

どうも杢です。今回は「次のライブがなぜ¥5000なのか」について書きます。まぁただ単に

 

 

 

 

 

 

やりたかったから。だけなんですけどね。

 

 

 

 

 

終了。

 

 

 

 

 

いやこう書くとまぁ元も子もないんだけど笑。まぁ言うなれば「私、上カルビになりたい」ってとこかな。

 f:id:moku3004:20160916053436j:image

「本日の焼肉盛り合わせ、からの脱却〜私を追加して〜」

 

自分のクリアな在り方がわかってきた頃に次に考えたのはお金のことでした。これについてはまだ自分自身、実験中なのだけど私はお金を学ぶ中で「省エネ人間をやめてみている」の。省エネ人間とは値段に踊らされ/振り回され、エネルギー=お金を出し惜しみし、出し惜しみしているからお金使っても「在る」とか「豊かさ」とか「わくわく」とか「きゃぴー」がわからないという混沌状態ってとこかな。(勉強中の身なので私見程度に聞いてね、きゃぴー)

 

 

お金のことを考えて勉強して世の中を見た時に本当にびっくりしたのは「価格の付けられかたってめちゃくちゃ過ぎるやろ!!爆笑!!」ってこと。あまりにも不透明すぎる「価格」という曖昧さを見た時に「あぁ、なんて踊らされていたんだ」と思った。安いからという理由で買った時もあったし高いからという理由で買った時もあった。それらが「例えいくらであっても手に入れたいか?」という自分の中の衝動なんてそもそも存在すら知らなかったしね。

 

 

んで色々実験するうち「あぁ、結局、価格に左右されちゃううちは本当に欲しいモノではないのかな」ってのが現時点の私の見解で。

安かったら行ってみたいけどな~は私の場合「特に行きたい訳ではない」んですよね。行かなくてもいい。

安いなら買いたいけどな~は私の場合「別に今は欲しくはない」んですよね。なくてもいい。

 

すき家で食べたい」ですき家に行くのは全然OKだけど「お金ないからすき家でいいや」はちょっと違う。

f:id:moku3004:20160916003943j:image

(先日買ったLVの手帳はいくらであっても欲しかったと言える。実際は8万くらいで「手帳に8万も出すか?」も「8万だから欲しい?安かったらどう?」も確認して「これがもっと高くても欲しい。安くても欲しい。」とわかったから買った。いっつも使って触るたび幸せよ。)

 

 

じゃあ自分の商品とか(音源やライブチケね)サービスを考えた時「私は自身をどう見ていて、そしてお客様にはどう見えているのだろう」を考えた。現在地がわからないとこれから何を始めたらいいかわからないから自分へのチャレンジというか/現在地を確かめるために「よし、破格設定してみよう」と。これが今回の経緯。

 

 

最良の敵は良】とはよく言ったもので。私はまだまだ先に行きたい。尖れるし走りたい。どこまでいけるか楽しんで走って「ああこんなとこまで来たな〜」って思いながらその時の景色も/自分自身をも見てみたい。だから走り始めてみた。今までやったことないことをしたら何人の人がついてきてくれるのだろう。何人の人が離れ、そして誰か新しい人と出会えるのか。それとも出会えなくて孤立するのか。そのリスクを追って/ひとりぽっちになる覚悟があっても走り出すのか。って聞いてみて「いくーやってみよー」って私の中のミニさちぴょんが言うからそうした。ただそれだけかな。

 

 

まぁそんな偉そうなこと言ってホンマはすっっっごく怖いけどね!笑!いやもうマジでね。メタ/俯瞰目線に入ってもリアル現実の臨場感溢れる感情に最近はよく振り回されてるし。(そしてそんな時にする内観のお供は「耳奥から脳天への糸口」がめちゃくちゃ良い働きをすると最近知った)でもまあ走り出したからあとは走り切るだけ。それにとっても嬉しいことに色んな人が協力してくれていて私の分の10枠は残り2枠になりました。本当にありがとう!

 

 

話は戻って、せめて大御所アーティストだけでもCD1万円でもいいんじゃないのかなぁ?とかライブってもう少し高かったらどうなるのかなぁ?を考えてた時にコンタクトがあって繋がったのが今回一緒にライブをすることになった加納未樹。私が一番リスペクトしているインディーズアーティストだしこの人と破格ライブしたら面白いなーって思ったのが「リアル現実に私の想いを落とし込むスピード」を加速させたかな。

 

 

私自身は彼女に対し「加納未樹は¥5000くらい余裕で適正価格範囲内」と思ってたのも背中を押した要因。加納未樹が¥1500とか¥3000とかで見れるなんて私は安すぎると思ってるからさ。むしろ【私にとっちゃ】そっちが破格だわ!笑。安過ぎてちょっと意味わかんないもんね。良いものは良いもので差をつけないとそれは全体のバランスが悪いと私は思うのよ。あくまで私の意見だけどね。

 

 

彼女はブッキングライブメインで出てる印象が強いんだけどブッキングライブってさ私はいわゆる「本日の焼肉盛り合わせ」だと思ってるの。だとしたら私にとっては彼女は安いホルモンや細切れの赤身肉の中にマグレで入ってる上カルビ。お客さんラッキー!ですよ。(これはあくまで彼女と一緒にやってる他のアーティストをdisってるんじゃないよ。それくらい彼女はレベル格上なわけ。私にとってはね!)

 

 

 

私にとっては彼女は上カルビだからさ、盛り合わせの値段でチマチマ食べる肉じゃないんですよ。ガツンと追加してたくさん食べたいんですよ。盛り合わせで¥3000そこらで食べる肉じゃないんですよ。そんで私自身もある意味上カルビになりたいわけ。追加されたいわけですよ。

 

 

ただまぁある意味で残念なことにこれは最近知ったんだけどね。私インディーズで¥5000のライブとか破格や!と思ってたんだけど、

 

 

 

 

実は普通に存在してた笑。

 

 

 

 

爆笑◎

 

 

 

 

これは先日お会いした大阪の大御所テクノバンドA.C.Eのアサトさんに聞いた話なんだけど笑。インディーズで¥5000は別に既に存在してたよ笑。メジャーでなくインディーズでも「本日特上焼肉盛り合わせ」は存在した。¥5000は「メジャー盛り合わせ」やと思ってたの。

f:id:moku3004:20160916054534j:image

(さすが大先輩...見てらっしゃった世界違いすぎる...勉強になりマス!)

ある意味「私の実力と比べれば」という点においては破格かもしれなくてもそれ自体は破格でもなんでもなかった。私はただのカルビで、¥5000のライブが通用するのは上カルビランクだったとすると、私の旨さで/ジューシーさと柔らかさで【上肉チームとは肩を並べられない。お前はただのカルビだ!】とお客様に言われたとしても【インディーズシーンで¥5000のライブ】自体は普通に存在してた笑。上焼肉盛り合わせは存在してた。なので別に相場価格帯内だったし、希望的に捉えるならこの先インディーズであっても多分特上焼肉盛り合わせチームも叙々苑チームすらまだまだ存在してるだろうってことやな。(何の話)

 

 

まぁそんなこんなで要するに上カルビ(仮)が思うのはお金を使う時「行きたいかどうか/欲しいかどうか」こそがクリアな指標で。それなら私の現在地はどこかを探すための今回の¥5000設定です。私は上カルビなのか!?私はまだまだ安ホルモンなのか!?あなたは!私を!追加するのか!

 

 

これを聞いて「安かったら行くけどね」と思われているなら「私はその人にとっては¥5000の価値はない」ということでしかない。私はただの【追加されない盛り合わせで入ってれば食べてもらえる程度の肉】なのだろう。ただ10人枠設けて現時点8人からオーダー頂いてるからもう私は「本日焼肉盛り合わせ」ではなく「本日上焼肉盛り合わせ」に入れると自負してるし/入りたいし/これからますますもっといいカルビになりたい/いいカルビで在りたいのだよ。

 

 

そして私がどんどん進んでいったら「安かったら行くのに」と現時点で思ってる人とはもう会えなくなるんだろうし、また違う人達と会うんだろうと思ってる。そしてどんどんそうして出会った人達が「本日の特上叙々苑盛り合わせ(ブランド牛/A5)」を食べてる人達なら彼らに合わせて「わたしはっ!叙々苑のッ!ブランド牛A5特上カルビにィィイッ!なりたいデスゥッ!」「私をっ!追加してェエエッッ!!キェェエエエッッ‼︎‼︎‼︎」って想いながら歌うだけなんじゃないかな。

f:id:moku3004:20160916055157j:image

 (叙々苑ジョジョをかけたよ。)

今の時点でall100点。私は100点の肉。何肉かはわからん。100点の上カルビになりたいけどなれるか?人生全ての歩み方は【目標とした的に矢を射るのではなく自分自身が的】でそこに矢を受ける。カーナビ設定で車は真ん中。ただただ真摯に「今」ベストを尽くし続けていればきっと成されるんだと思う。この先も何事においてもね。

 

 

上カルビになりたいから上カルビになる。それだけです。

f:id:moku3004:20160915041929j:image

(でもリアル焼肉はてっちゃんが好き◎)

 

 

さて。インディーズシーンにおいて¥5000のライブというのはそれ自体はそんな目新しいことでも/驚くようなことでもありませんでした。そして現時点でSL3004と加納未樹の2人に¥5000出してくれる人は8人。わーい!残り枠2であなたに会えるのを楽しみにしています。たまには自分にご褒美あげて美味い肉食っとけよ、それこそ血と肉になるぜ◎

 

 

あ、ちなみにこの10枠というのは【それぞれの持ち枠が10ということ】私の枠が8ってだけだから加納未樹を支えてくださっている耳の肥えた/舌の肥えた皆様は彼女に「の、残り枠行けるっ?!俺も上カルビ追加したい!」って言うてコンタクト取ってくださいませね◎(ご質問あればsachiyo_lion*yahoo.co.jpまでどぞー)

 

 

尚、ここからは私のお願いです。下記事を読んでくださるとわかるのですが【私からコンタクトがあった上でのお返事】なら構わないのですけど、本当にこれだけはやめてください。マジでガチでテンション落ちます。肉の鮮度が落ちます。よろしくお願いしますねm(_ _)m

attrip.jp

コンタクト取らせてもらった時はいいんだよ!コンタクト取ってるのに行けなくて無視はもっと傷付くからさ。コンタクト取ってないのに、告知時点でスタートダッシュ決めたのにいきなり転ばされるとかマジ....お願いしまするる。対今回の、私だけじゃなくてね!以上、上カルビからのお願いでした◎焼肉食べたい。