読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパースター

杢です。9/24ライブ残り10人5人です◎ありがとうございます、嬉しい‼︎‼︎

 

 

今日は一緒にやる加納未樹について紹介します。

 

 

私が今まで出会ったインディーズアーティストの中で第1位。 ライブハウス、ライブバー、クラブ、そして自身のラジオ番組。いろんな所でいろんなアーティストと出会ったけど「この人素敵だな」と思って私が曲を聞いて/声を聞いて、感動して涙して何度も何度もライブに足を運ぶのは彼女しかいない。

f:id:moku3004:20160913014112j:image

丁寧で美しい日本語の歌詞。

少量で情景を/感情を描く言葉の才能。

少しハスキーなそれが一言発せられた時点で全ての空気が変わる歌声。

「あぁ、この人は全て越えて抱きしめて歩いてきたんだなぁ」とわかる歌声。

 

 

奥深い闇もまばゆい光もどちらをも何回も経験して何周もした、ヒトとして/女として/歌い手としての味わいと深み。その味わい深さはカレーを作る時少しコーヒーを足した、複雑だけどまとまったコクに似ている。夕日なのにただの朱色じゃなく真夜中の群青が混ざった矛盾した色同士の織り成す、それでも豊かな拡がりに似ている。

 

 

彼女の作品は一見暗く/一見切なく見えるけど、そんなものはあくまで上っ面。中身にあるのはきっと何度も紡ぎ直された繊細な強さ。他者との関係の中で「出来ればそれでも優しく在りたい」と選んだが故に何度も切っては紡ぎ直した、自分を守り他者を守るための繊細な強さ。そして何よりそれを創ったのは彼女の芯にある、濁りも鈍りもない、こちらが顔を背けてしまうくらいの優しさ。

 

 

私は彼女がステージに現れて

ふっとライトが落ちて淡いスポットだけが灯り

前奏のピアノの第一音が奏でられただけで

「あぁ、歌ってくれるんだ。ありがとう。」と涙が零れる。

それはきっと母親が自分の子供の寝顔に感じる

それはきっと愛しくてたまらない恋人の笑顔に感じる

「生まれてきてくれてありがとう。」と同じ温度。

f:id:moku3004:20160913014151j:image

私の中で彼女はもう「私の宝物」の域の表現者ではない。自分の中にそっととどめておきたい、内緒にしておきたいレベルじゃない。もっとみんなと彼女の持つ豊かさを分かち合いたい。美しすぎて美しすぎて「見て!」って思う。自分の大事な人に美味しいレストランを紹介するような、今日あった素敵な出来事を話したくなるような、夏の花火を一緒に見て「すごいね、きれいだね」って笑いあいたいような、そんな感じ。

 

 

次のイベントは私を見に来た/支えてきてくれた皆さんへのプレゼントの意味もあるの。

「とっておきの、すてきなの、みせてあげる」

子供がキラキラした目で両親を見上げて両手に隠した宝ものをそっと見せるような気持ち。

 

 

彼女と同じステージに立てることはね、嬉しいけど、嬉しいけどね、本当の本当の本当の本音は「うわー!恥ずかしいー!どうしようー!うわー!さちよなんか彼女と比べたらド下手だよー!情けないよー!恥ずかしい恥ずかしいよー!」と思ってる笑。恥ずかしすぎてまたボイトレしてるくらい笑。超恥ずかしいよ笑。加納未樹の歌、上手いなんてレベルじゃないからね、神だもん。歌う美だもん。その人と同じステージで歌うなんてもうある意味罰ゲームなわけ笑

 

 

でもそれ以上にね、孫悟空的に言うなら「オラ、ワクワクすっぞ」って思ってる。

f:id:moku3004:20160913014352j:image

(マイクを使わずカラオケボイトレ6hをロビン先生にしてもらってますよ。こんなにキツいのは初めてよ笑)

 

 

素敵な人と一緒に歌うから自分を磨き直す。私もまた上に行く。それが、相乗効果でしょ。

 

 

椎名林檎東京事変として書いた「スーパースター」と言う曲はイチローを思って書いた曲らしい。それを聞いてイチロー椎名林檎の対談が実現するんだけど彼が彼女に言ったらしい。

「私はあなたの強く光る眼思い出すけれど

もし逢えたとして喜べないよ

か弱い今日の私では これでは未だ厭だ」

と歌う彼女に/自信がもてないという彼女に

「何言ってるんだ、君は素晴しいアーティストじゃないか!」って

「そんなのは、君をスーパースターだと思って救われたファンの人に失礼だ!」って諭したらしいのね。

 

 

 すごいわかるなーって。だから私は私で胸を張れるようベストを尽くすだけだし、当日の彼女を楽しみにするだけなの。

 

 

来ようかどうか迷ってる人に伝えたいのは「迷うくらいなら来て」ってことなの。最近美しいものに触れた?何かインスピレーションが湧くような。心震えちゃうような。そういうのに触れた?生きてて良かったわ、ホンマに生きてて良かったと思えるような美しい美しいもの。美しいだけじゃなく【私達の誰もが持つ優しさと他者への想いのバランスがうまく取れずに揺らいで、わからなくて、迷って、傷付けて、傷付いて、それでもまだやっぱり優しく在りたいって歩き出すんだ】っていう黒いモノを認めて受け入れた上で/大事に抱きしめた上で、くるっと淡いピンクで包んで差し出せる強さだよ。 

f:id:moku3004:20160913014546j:image

(そしておちゃめ!!)

彼女は美しいってすぐわかると思う。そして彼女に会えたあなた自身もまた会うべくして会えたのだから、会うのにふさわしいのだと思えると思う。受け取るのにふさわしいのだと思えると思う。だから、あまり人前に出ない彼女を引っ張り出して、私はみんなに少しお裾分けさせて欲しいの。

 

 

あと5人。私は今からあなたに招待状を送るから、どうぞ私のプレゼントを、加納未樹という人の歌声を受け取ってね。ディズニーランドのミッキーくらい、彼女は夢をくれる。だから安心してそれに触れに来てね。もちろん招待状が来る前に手を挙げてくれたらもっと嬉しい。欲しいものはいつだって自分から手を伸ばさないと全てのチャンスはあなたを通り過ぎるわ。受け取らないのは自分自身なの、いつだってね。それを覚えておいて。

 

 

(しかも当日は加納未樹から新CDも用意されるよ!やっとですよ笑。もうこれ手に入れられるだけでご飯3杯行けそう!)

 

 

次回は「それでも5000円って高くない?」って頂いた質問に答えます。これに関しても私は明確な信念を持っています。もちろんそれがあなたにどう映るかはわからないけれど皆さんに同じ船に乗って欲しいと思ってる。私は目先の利益が欲しいんじゃない。私が欲しいのは....

 

 

それはまた次回に◎

 

 

あと5人。

sachiyo_lion*yahoo.co.jpの*→@にしてメールしてね。

新しく出逢える皆さんを楽しみにしています。