読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2nd CD「超躁鬱」完売です。

杢です。書きたいことが山ほどあります。少しずつアウトプットしていきますね。

 

 

まず皆さんにお礼を申し上げます。私の2nd CD「超躁鬱」は完売しました。本当にありがとうございました◎

f:id:moku3004:20160905171023j:plain

売り切れた今も「CD欲しい」と言ってくださる方がいらっしゃって再販が頭によぎることもないのですけど、とりあえずしばらくの再販はありません。【itunesからSL3004で検索】頂ければ音だけなら購入できます。歌詞カードやジャケはないので言葉/歌詞はこのブログからのみになります。

 

 

以下私の3曲目インスト「Супрематизм」を聞いてくださった方達より感想を頂きましたので紹介させて頂きます。本当にご協力頂いた皆さまありがとうございました。

===============================

◎胸(ハートチャクラ)にずーんと深く刺さるような感覚。本当の心がバレちゃうような不思議な感覚。

 

◎頭からグルグルとしたエネルギーの螺旋に包まれて、脳、首、胸、お腹、子宮、足までグルグルと囲まれました。その時に傷ついてたりバランス崩してる部分を調整してくれるような音で、毎回体感が違う気がするしその時の自分の状態を音を通して身体に響かせて体感で確認できそう。セルフクリーニングや、セルフチューニングというか。まさに、体感が全て知っている!

 

◎目を閉じて聴かせて頂きました。すぐさま閉じていたサードアイが開いちゃいまた。それと第七チャクラ(頭のてっぺん)も開き、私の中の何が昇華されていきました。まだサードアイがジンジンして少し痛いぐらいです 笑。それと音楽のどこかの一部のリズムと私のハート(心臓)の鼓動が一緒でした。時折高音になる所で左右から光が発生。最後の方になると光で全身が覆われました!何これ!すごい!としか言いようがないです。

 

◎宇宙好きなので、最初宇宙のイメージを浮かべながら聴いていましたが、不思議と大地とか鉱物とか…、その中の世界に入ったような感じがします。とても未来的なのに、あったかいというか…。鉱物や様々な元素たちの響きに耳を傾けているような落ち着く感じでした。地球の中に入ったらこんな感じなのかもと心地よくなります。 

===========================

私は何回も言いますが常々ライブで「体感を思い出して」と話していました。それは【私自身がなにより思考に囚われやすい】からでした。でもそのような時にいつも【音】は助けてくれました。

 


耳から体内に音が拡がる。 下腹部や胸部に響く低音/耳をつんざく高音、それらは【体感】です。 【ああ、生きてるな。ちゃんと存在してるな】ということで 思考がうるさい時私はそうやって頭を黙らせてきました。

 

 

インストはそういう点でカラダを起こすにはいいですが、私の作品においてはダンスポップ(テクノやエレクトロさまざまにルーツはありますがここではひとまとめにしておきます。)さえもそれに匹敵すると思っています。だってもうノレる/踊れる/カラダが動く/揺れる時点で同じだと思ってるから。

 

 

私はね、音でカラダは目覚めると信じています。

私はその音を探し続けます。

私はね、言葉は言霊になり凝った思考に違う道を示せると信じています。

私はその言葉を集め続けます。

そして音と言葉があなたにとって相乗効果を発揮した時

【ぐっときて】

【泣けたり嬉しくなったり】するの。

そこで生まれるのは【素直な感情/素直なあなた/もともとの自分自身】なの。

 

 

「作品のクオリティがプロレベル。これはもっと売らないとダメ。」

 

 

私が音も歌も捨てようと思っていた数年前、突然現れたロビンという人間。彼のこの言葉が今なら素直に受け取れる。そして見事に完売。本当に皆さんありがとうございます。涙。

 

 

そして今私の手元にある作品は1st「MANIAC」のみです。

f:id:moku3004:20160905171342j:plain

これは私が歌い始めた時の名義「SACHIYOLiON(サチヨリオン)」の時のもので一番最初の作品です。音の理論やコード進行、作曲の手順も何もわからず、ただ「感覚」だけで作ったもの。

 

 

昔はね「何も知らなくて感覚だけ作った作品」に負い目を感じてました。だって周りはもっとちゃんと「考えて」作ってたから。「音楽の知識」が豊富だったから。お遊びのテンションで作っちゃダメだ。お遊びでなんとなくやってたらきっとダメなんだ。そう思ってた。

 

 

「感覚だけでこのレベルなんてすごい」と色んな人から言われたけどそんなもの信じられなかった。ちゃんとやらなきゃだめだと思ってた。そして勉強しはじめて/嫌々色んな興味もない音楽を聞き始めて、途端に音楽なんてやりたくなくなった。

 

 

でも、今は心から「あーーーまぁ感覚で作って困ったらその時考えるぅー」と言えます。その理由は何より思考の【べき】をはずしたことも大きいのだけど、本当の本当にしれっと言えるようになり自信と確信があるのはそして何より「勉強することすらしたいと思うなら出来るな」と思えるようになったのは【私の星】にありました。

 

 

ホロスコープを見てもらったのですがもう当たりすぎて大笑いだし大泣きでした。両親のこともズバリ言い当てられた。涙が止まらなくて不思議すぎてそして正直何より怖かった。何もかもが生まれた頃から/なんなら前世からもう用意されていた。マジ不思議。こんなことってあるんだね。本当にね。

 

 

やっぱり全て【自分の中にある】んです。それを思い出すお手伝いを【あなたがあなたに戻るお手伝い】を私は【音と言葉】でやります。手伝えるし手伝えないはずがない。だって私は【その星のもと生まれてきた】から。

 

 

私は水星。

私は言葉と音を司る感性の星の人です。

 

 

次回はとても不思議な話で/もしかしたらちょっぴり怖いくらいの【私が持って生まれてきた星と前世から続く物語】の話です。今思い出しても怖い。。。!笑

 

 

読んでくれてありがとう◎次は本当に不思議だよ。でも読んでくれたら私というアーティストをメジャーでもないのに、既に探し出していたあなたもまた【あぁ、私の俺の感覚もまた導かれていて正しかったのね】と思ってもらえると思う。楽しみにしててくださいね。