読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供に「何のために僕は生まれてきたの?」って聞かれた時に

f:id:moku3004:20160509004748j:image
大好きなさきこさんのブログを読んでいたら最近考えたことと同じような記事が書かれていた。

「わたしたち、夢を見るために生まれてくるんです。」

私ね、実はさ、ずーっと子供生む世の中のお母さん達の気持ちが全く理解出来なかったの。

だってね、私自身が生きてく意味がわからなくて生まれた意味もわからないのに、なんでまた命を作るんだ?って思ってたの。

そもそもずっとその意味すらわからなかったのに大人になったら仕事とか責任とか世間体とか背負うもんが増えて「生きるために働くのか、働くために生きるのかこんなんわからんやないか」と思ってたし余計に拍車かかって理解不能だったのね。

同じことを自分の子供に聞かれた時にさ何て答えるの?って思ってた。答えられなくて「じゃあ何で僕を作ったの?」って言われたら何て言えばいいの?って思ってた。単に欲しかったから?それってただのエゴじゃんとか思ってた。無責任過ぎない?って。うん、思ってたよ、思ってた。本気で思ってた。だから私子供なんていらなーいって思ってた。意味わかんなかったもん。マジでね。ガチでね。

でもね、ぱっかんしてからね、わかったよ。てか自分なりの答えが出たよ。さきこさんは「夢を見るため」って仰っててその表現もとても素敵だなあと思ったんやけど私が行きついたのは

「あー、きっと生まれてきてここに生きてるのは天から旅行に来てるみたいなもんなんかな。」ってこと。

「旅行ってことはただ【楽しむため】ってことかな。」ってこと。

真・性愛講座ですごく面白い話を聞いたの。子供の中には生まれてくる前のことを覚えてる子がいるんだって話。

「空からパネルでお母さんのこと選んだ」とか「たくさんの子達と遊んでたら首飾りをつけた子があっちからやってきて『それいいね』『それ私も欲しい』って言ったらその首飾りをつけた子が『あっちに行ったらもらえるよ』って教えてくれて自分も行きたいと思ったからそこにあった扉に入ってここに来た」とかね。

それ聞いた時にさ、すごいなんかスピリチュアルな話かもしれないんだけど、もしかしたらマジにうちらどっか違うとこ(天国?空の上?宇宙のどっか?)にいて、んで、ここに地球にこの世界に本当に「旅行感覚」で来たのかもなーって。

「あそこ行ってみたいなー」っつって来たのかなー?ってね。

聖・お兄さんて漫画の設定がねそれに似てるんですよ。キリストと仏陀が「地球に旅行いこーよ」って話して日本に来るって設定なんだけどそれと重なって「あー、生きるって/生まれるって旅行みたいなもんなのかなー」って。

旅行だったら楽しむために行くよね。思い出作りとかさ。いっぱい美味しいもの食べて、いっぱい写真撮って、綺麗なもの見て、文化に触れたり、現地の人と仲良くなったりさ。

いつか帰る日までに目一杯時間忘れて楽しんでいっぱい笑ってさ。

生まれるって、生きるって、同じかなって、思ったんだよね。

今ならさ子供出来て「ねぇお母さん僕は何のために生まれてきたの?」って聞かれたらもう堂々と言えるよね。

「ふふふ、あなたは本当は天使でこの世界には旅行に来てるのよー」って。

「ここにはたくさん面白いものや楽しいことがあるからいっぱい色んなもの見て美味しいもの食べて楽しむために来たのよー」って。

言えるなぁってさ。思ってます。うん。

「だからいっぱい楽しい思い出作ろうね。」って言えるなぁって思ってるっす。うぃっす。
f:id:moku3004:20160509012307j:image
(いっぱい歌もうたおうね。)

うちらいつかこの旅行からあっちに帰らなきゃいけない日が来るけどさ。

それまで目一杯笑ってたくさん思い出作って「あー!ヤバかった!地球めっちゃ楽しかったなー!」ってゆーて帰りたいし、そんで何より

「また来たいな!また来よう!」って思って帰るんやろなって、今はそんなふうに、思ってます。

旅行楽しもーね(´ω`)