読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分クエスト【自分の人生/世界は自分だけのもの】

自分クエスト

これの続き。

【自分の人生/世界は自分だけのもの】
 
もうね長くなりすぎるから雑に結論から言うと
 
あなたの世界はあなただけのものです
 
なぜか。
 
「あなたの世界」とは「あなたの脳が作り出した産物」だからです。
 
ということは
 
私の脳とあなたの脳は別物なので
 
私の世界は私だけのもので
 
あなたの世界はあなただけのもので
 
お互いの世界を侵犯することなんて
 
不可です。
 
不可なんです。
 
Neverです。不可です。
 
不可能です。
 
はい、ぱっかん。
 
これねーwホンマにねーw
 
私さ1st mini albumのしかも1曲目に歌ってたのにねwwww
 
そうブーツが美味しい「Brain Fantasy」ね。
 
「私の赤があなたの青で私の愛があなたの何だろう?」
 
もうね全てはここですね。
 
SLファンの皆さんならもう周知の事実だろうと思います。
 
「私の脳」というシステムは私の頭の中にしかない。
 
「言葉」によって私達は同じものを見ているだとか同じように感じているだとか錯覚しちゃうけど
 
0.1%も同じなわけないのw
 
だって
あなたの脳と私の脳は
完全に別物だからねw
 
あのね。私達って同じ世界を生きてるように錯覚してるでしょ?
 
同じように空は青いとか
雲は白いとか
タヒチやばいとかさ。(え、タヒチやばいよね?水上コテージとか行きたいでしょ?)

f:id:moku3004:20160421154612j:plain

同じ世界で生きてるように錯覚してる。
 
同じ地球に同じ日本に、ね。
 
でも本当はね「地球は人の数だけあるの」(ク○リやってないよ)
 
「日本も人の数だけあるの」(ク○リやってないよ)
 
そしてもうまとめちゃうと
 
「宇宙も
人/物質の数だけ
あるの」
 
私達がお互いまるで同じ世界にいるかのように繋いでくれてるのって「言葉」があるからです。
 
「空は青いよねー」も
「雲は白いよねー」も
「この高級トロの握りおいしいよねー」も
(私トロ嫌いていう人は高級焼肉でもママのおにぎりでもなんでもいいですよ。)
タヒチやばいよねー」も
言葉ですね。
 
この言葉ってのがねー
曲者なんです。
 
リアルで私を知っている人はご存知だと思いますが
 
私が常々言ってることの一つに
 
「言葉は
ただの名前であり
全ての事象/状態を
内包/特定できない」
 
というのがあります。
 
簡単に言うと私が誰かと高級寿司を食べに行って
 
「このトロ美味しい!」で2人の話があったとするでしょ?
 
でも
私「(このトロ脂がめちゃくちゃのっててとぅるとぅるで)美味しい!」
友「(このトロ脂がのりすぎず品良くあっさり感があって)美味しい!」
 
2人「美味しいねー!」
 
ってなw
 
はい
食い違ってますw
 
この例えはあまりにも簡単なので「そりゃそうだ」と理解してくれる人が多いと思うんだけど
 
じ、つ、は、この世界はこれだけで成り立ってるから!
 
あなたもやっちゃってるよー絶対!
 
いわば「言葉に騙されて」→「同じ世界があると思い込んでいる」
 
言葉に騙されて→同じ世界があると思い込んでいる
 
言葉に騙されて
同じ世界があると
思い込んでいる
 
(ち!な!み!に!この「世界が本当に存在してるかどうかなんてわからなくない?」「どやって確認すんの?」な感覚は「量子論」の感覚らしく、私はメンター光蟲大先生(歩くセンス)にシュレーディンガーの猫の話を教えてもらって「さちよこれやー!!!!!!!!」とぱっかんしました。
ちっちゃい頃から私はこれ。
私に「今見えないものの存在を確かめる方法」なんてわからんもん。私には東京もタヒチもお風呂場のシャンプーもあるかどうかわからんわ。確認しに行ったらあるんやろうけどね。
まあ、量子論面白いので後日また「私と量子論」てテーマで書きたいなー)

f:id:moku3004:20160421194332p:plain

言葉があるから違う感覚でも同じ名前で片付けられてしまい
 
同じ世界を共有しているかのように思われますが
 
私の世界とあなたの世界は別物です。
 
私の脳とあなたの脳が別物
=同じ世界を見ることは完全に不可
=【自分の人生/世界は自分だけのもの】
 
では【自分の人生/世界は自分だけのもの】ということは
 
「他人」=自分の世界のただの登場人物となります。
 
こっからやな。
 
「他人とは自分の世界のただの登場人物でしかないんだなー」
「てことは私の物語の管轄内なんだなー」
 
が腑に落ちると
 
他人に対して愛情が生まれる
愛情が生まれると理解が生まれる
理解が生まれると過度な期待をしなくなるので束縛しなくなるし
理解が生まれたうえで「でもキラーイ」と感じたならそっと離れたり離れたらいいだけなので人間関係も楽になる
他人に対して理解が生まれなくても「何言ってるかわかんなーい」で気にならないし
理解が生まれなかったせいで時に相手を傷付けることがあっても心から謝ればいいだけだから大丈夫◎
 
みたいなことが起こります。
 
総じてこれになります↓↓↓
=============
1:楽になった
2:何もかもが面白くなった
3:出口のない迷路的な不安感/焦燥感/理解して欲しいとかいう欠乏感みたいなものが根こそぎなくなった。
4:他人がどうであれ許せるようになった
(もっと厳密に/誤解を恐れずにいうなら
「他人のことが気にならなくなったしどうでもよくなった」)
5:お願いすること/甘えること/本音を言うことなど、
自分がうまくできなかったことが大抵できるようになった
6:5の影響により前より与えられる機会が多くなった
7:とりあえずまぁざっくり言うと【幸せなう!】になった
 ==============
じゃあ次の記事では
【自分の人生/世界は自分だけのものであり
自分が主人公。
そして他人は【登場人物】でしかない
 
について書きまーす◎
 
PS:PC重くてストレス半端ないwwww
私うつの早いのに反映しないから絶対5倍は時間かかってるもん!!
マジ壊してやりてぇこの糞パソコンめー!!!
f:id:moku3004:20160421194515j:image